×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

センサーライト
センサーライトで安心の生活。センサーライトで安全。
防犯にも役立つセンサーライトです!

センサーライト

センサーライト。
センサーライトで安心の生活。センサーライトで安全。
防犯にも役立つセンサーライトです!

  
センサーライトの紹介

センサーライト

人が近づくことでセンサーが反応、ライトが点灯するセンサーライト。住宅の庭やガレージなど個人でセンサーライトを設置する家庭が増えてきている。センサーライトが点灯することで防犯に役立つことは言うまでもないが、明るくなることで夜間の事故を未然に防ぐこともできる。センサーライトセンサーが反応したときだけライトが点灯するので、付けっぱなしにする必要がなく、経済的でもある。店舗などでは、センサーライトを設置しているだけで安心感が得られる。店舗ではセンサーライトの設置は防犯面から見てももはや必然であろう。センサーライトの中には、防犯を前提に、センサーが反応するとブザーがなり、ライトの光と音で侵入者を威嚇するタイプの物も販売されている。

センサーライト

センサーライトは赤外線人感センサーに人気をキャッチすると、自動でライトを照らす。種類によっては、アラームやチャイムを鳴らすことが出来る。センサーライトとわかっていても、侵入者は一瞬「びっくり」するものである。防犯意識の高さをアピールすることができる。種類によっては、人気があった時、室内にチャイムなどで知らせてくれる機能がついているものもある。センサーライトは侵入者・ストーカーには防犯、家人には外灯、の一台二役。探知センサーで、ライトが自動点灯・自動消灯するので、とても便利だ。中にはクランプ(クリップ)でも使えるものもあるので、柱壁パイプにも取り付け可能なものもある。センサーライトの設置で多いのが一般家庭の玄関・門扉・物置ガレージ・庭先・ベランダ等工場・店舗・事務所・倉庫の出入り口・駐車場等である。センサーライトの多くがコンセントから電力を供給されるのだが、最近では太陽電池を搭載し、昼間充電した電力で夜間センサーライトとして働くソーラーハロゲンライトタイプのものも増えてきた。このタイプのセンサーライトは昼間太陽に当たるところであれば、コードも要らずおき場所に困らないので便利であるがやはり従来のセンサーライトと比べればまだ価格が割高である。

センサーライトとは

<センサーライトとは>
人など体温のある動くものにセンサーが反応して自動でライトを点灯し自動で消灯する便利で経済的なライト。
<用 法>
人道りの少ない裏口やガレージなどに侵入者が入るとライトを照らし相手を威嚇するのに効果がある。
足元が暗い通路など、家族やお客様に自動で足元を照らし安全な通路を確保できる。
夜の車庫入れなど車を降りずに自動で点灯し、車庫入れをスムーズにしてくれる。特に狭い車庫にバックで入れる場合は全体を照らすと便利である。
暗い場所での防犯カメラの映像を鮮明に映し出すライトとしても便利。(防犯カメラと一緒に設置)
<特 徴>
センサーおよびライトの角度調節、ライトの点灯時間、明るさセンサー(明るいときは作動せず暗くなると作動/明るいときも暗いときも反応するボリューム調整)設定も可能。
<種 類>
商品によって、明るさ(W)、感度調節、点灯時間調整、アラーム調節、ライトセンサーの角度、明るさ調節が異なる。
<使用上の注意>
センサーライトを防犯に使用する際、コンセントを抜き取られないように注意して設置する。(屋外コンセントの場合、コンセント部が感知エリアに入るように設置、またはエアコンの室内機と室外機の連結部分を利用してコードを接続すると便利。)
長時間点灯後のレンズは高温になっているので注意。
センサーライトの設置については各メーカーや販売業者に効果的な設置方法を尋ねることをおすすめする。センサーライトを設置する用途によってライトをどこに向けるかなどの設定を素人が判断するのは難しいからだ。実際にセンサーライトを設置しているお宅やガレージを訪ねてアドバイスをもらうのも良いであろう。センサーライトは物だけでなく、大切な家族を危険から守るための防犯ツールとして活用したい。
光電センサー
光電センサーについて
解説!光電センサー
センサーライトいろいろ
防犯カメラ
防犯カメラについて
センサー各種解説

サークルネット
免責事項 当ホームページのご利用による不利益等に対して管理人は一切責任を負いません。

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.